2019年10月17日

慰安婦損害賠償訴訟裁判が再開……今度こそ日本政府は決断を!

慰安婦損害賠償訴訟裁判が再開されるそうです。
11月13日に弁論開始。
ただし日本側は出席しない為、欠席裁判になる模様。
これは中央日報の記事ですが↓

「慰安婦問題のように反倫理的犯罪の場合には『国家免除』
で外国政府に責任を問う判例を新たに形成することもできる。
法理をどのように構成するかの問題」  
(引用ここまで)

ほーう。
過去を巻き戻して他国に責任を問う新たな判例ですか?
世界中に喧嘩を売る気満々ですね。
どこまで被害者面する気なのだろう!
反論理的犯罪を問うというのなら、韓国がベトナムでやった
ライダイハンの罪も、終戦後引き上げる日本人を虐殺した罪も
同時に裁いたらどうですか?
あるいは自分達の同胞を虐殺しまくった北の将軍様の罪も。

クリスマス、ジッパー、ジープ。
慰安婦の証言に出てくる言葉はすべて朝鮮戦争のもの。
だからアメリカは日本を押さえつける形で決着をつけさせた。
それで終わりの筈だったのに、まさかここまで基地外だとは
アメリカ様も思わなかったでしょうねぇ……

大きな影響が予想される、ですか。
そうですね、今度こそ日本政府には決断して欲しいですね。
癌が全身に回る前に癌を切るか、国が倒れるか、です。

そういえばまた、ソウルで民間の強制徴用被害者支援財団が
設立だとか。
……何回目よ。
日本による侵略戦争で苦痛を受けた被害者への支援、って
侵略どころか四面楚歌になって合併しただけですよね?
まあ勝手にやってなさいとしか言えませんな。
日本国民はもうビタ一銭出す気ないから。


posted by にょん at 01:33| Comment(0) | 日韓問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月16日

山北町給水車問題

15日、神奈川県の山北町で前夜から断水になり自衛隊に要請。
県に派遣要請が必要というわけで町は県に依頼。
ところが水を運んできた自衛隊の給水車を、県が待ったを掛けた
挙句に拒否、水を捨てさせるという事態が発生したそうです。
その理由というのが
「県のマニュアルによれば、自衛隊の派遣要請は、どうしようも
なくなった時の最終手段だが、山北町の状況は該当しない」

というもの。
最初のニュースソースが日刊ゲンダイで、
「災害大国に、森田や黒岩のような住民不在のポンコツ首長は
不要だ」とかアジっていたのでちょっと様子見してました。

最初は神奈川県は馬鹿か!?マニュアル>人命って事か??
とめちゃ腹立ったニュースなんですが、
ちょっと追加情報が出てきました。

自衛隊が着いたのが朝、その日の昼には県の給水車が来たらしい。
自衛隊は水は捨てずに持ち帰ったらしい?
町長と自衛隊幹部?が懇意の仲。
町は県に派遣要請をしたのに、県は自衛隊に要請もお断りも
伝えていないらしい。
うん??

一部に「断水に対して準備していなかった住人が悪い」
などと言う人達もいますが、薬を飲むのに水が必要な人や、
すぐには動けない高齢者の人とかもいますからね。
目の前に欲しい水が届いていうのに貰えないのは辛いと思う。
せっかく運んできてくれた自衛隊の人達の気持ちも考えろや。

百歩譲って、もっと深刻な事態の市町村へ回せって事なら、
何故水を捨てさせたのかが(それが事実なら)わからない。

その行為の意味を神奈川県知事は早く提示すべし。
貴重な水を捨てさせるどんな権限が県にあったのか。

言えるのは日本人、マニュアルに拘り過ぎ。
災害時には臨機応変に対応しなよ。
自衛隊の水を貰って県の給水車を他に回せば良かったのに。
水を待っている人達はいっぱいいたんだから。
取り合えずこの件に関しては県側の見解を待つ事にします。
posted by にょん at 10:36| Comment(0) | にほんの問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嫌韓は劣等感の現れ?嫌韓の正体とは?

旭日旗使用禁止求める決議案伝達にきた議員団が訪日、
日本側に無視されて「傲慢だ!」と喚いているそうです。
ついでに「わが国を無視する姿勢が続けば、両国間に
外交的にも不幸な状況になるだろう。あらかじめ警告する」

(引用 朝鮮日報)と恐喝紛いのセリフまで吐いた模様。

…………

そりゃ、無視するだろうね。
だって他国が他国で勝手に決めた法案持ってきてさ。
うちが決めた法律だから従うようにって言われて、
ハイ分かりましたって従う国があると本気で思ってるの?

まあ、本気で思ったんだろうね。
199人中196人が賛成可決したらしいから。

これは「旗」の問題じゃないんだね。
しみじみと理解しました。
彼等が求めているのは「自分たちに無条件に従う事」、
つまり属国としての態度って事なんだなー。

だから格下側が無視するなど許せないわけで、
その怒りが「傲慢だ」という解釈になるわけです。

韓国人の中での図式は中華思想で、
 中国>韓国>日本 なわけですよ。
これは中国に植え付けられた儒教観で、千年以上もの間に
浸透してしまってる民族観念だから今更変えるのは無理。
格下の国家だから、敗戦=永遠の戦犯というランク付けに
なったわけですねー。
だから彼等は併合されていた時代に異様に拘る。
その時代だけは韓国<日本だったわけですから、如何にその
時代が間違っていたかを証明しようとしているのだと思います。

それが戦後70年延々と繰り返されてきてるわけ。
日本人は過去と現在の時間軸を切り離して考えるので、
韓国人の考え方を言葉の上で理解出来ても納得は出来ません。

未だにネットにあがる話題に「嫌韓の正体=日本人の劣等感」
というのがあります。
向こうの主張だと「韓国の急成長に日本が恐れ嫉妬し劣等感を
持った結果が嫌韓」という事らしい。
しかしここで疑問が生まれます。
韓国に経済援助したのは日本であり、当然国家成長を予測した
筈ですよね?というか、その為の技術援助ですよね?
なのに何故それが劣等感と結びつくのか。
他国の成長は脅威であれ、それを劣等感と結びつける日本人は
まずいないと思う。

彼等の考え方だと格下の者が格上を嫌ったり逆らったりして
いい道理はないわけですよ。
(もしくは表現出来る自由は無いはずと考える)
しかし実際問題、それは常に起こる。
何故なら日本人の中に「自分達は属国だ」などという意識は
皆無だからです。

占領はされたが植民地化された事はない――これが一般認識。
しかし韓国人は日本人を無意識に属国に位置付けている。
それに対する一番理解し易い理由付けが
「自分達に劣等感を爆発させているから」なんだろうね。

日本人は儒教観が薄く、そこまで上下関係に拘りません。
だからもうこの時点で両者の認識はブレまくっている。
よく「日本は侍が権力者で、逆らうとすぐに切り殺される為
逆らわずに強い者に従う民族になった」という説が出されますが
戦国時代ならまだしも、江戸時代なんか商人の方が
よっぽど裏権力を持ってたんですよ。
(ちなみに戦国時代=農民=非正規兵=臨時雑兵ですw)
侍が町中で意味なく刀を抜くと重罪になったくらいで、
町人がちょっと逆らったくらいで切っちゃってたら、
自分が切腹するはめになるわけです。
よってすぐ切り殺されるなんてあり得ません。
時代劇でよくある辻斬りも、めったに起きなかったそう。
すぐに刀を抜いて乱闘になるのは時代劇の中だけです。

上下関係といえば江戸時代、朝顔の品種改良が大人気でした。
町人から武士階級まで幅広く熱中していて、職業階級関係なく
素人愛好家達の集まりが盛んだったそうです。
両班と白丁が同じ趣味の集まりで身分を超えて交わるなんて
朝鮮では絶対にあり得ない事ではないでしょうか?

それほど日本と韓国では上下関係の縛りが違います。

これこそまさに文化の違い、価値観の違いですね。
しかし韓国人から「価値観が違うのだから、それを考慮しよう」
という意見を聞いた事がない。

どこまでも「下の者が上の者に従え」の一点張り。
これが日本人の反感を買う「嫌韓」の正体の一部なのですが、
彼等にはこれが認識出来ないのですね。
認知バイアスがかかっていると言われる所以です。
posted by にょん at 08:21| Comment(0) | 日韓問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする